コーチング

クライアントさま(学生)と保護者のお声

■クライアントさま(学生)からのお声

コーチングセッションを受ける前は、自分に自信がなく勉強やピアノにも手をつける気になれず、将来のことなど考えることができない状態でした。

でもセッションを受けて、自分がどんなふうになりたいのかが明確になり、目標を作ることで「自分はこの方法で物事を進めると集中できているし、継続して続けられている」という自分に合った勉強方法が見つかって、自分がしっかりと“出来ている”という自信に繋がっています。

■クライアントさまの保護者からのお声

自分迷子からの抜け道。
ピアノ続けたい。…けど、日々の練習が伴わない。
勉強も頑張りたい。…けど、思うように学習が進まない。
そのような思いを抱えてモヤモヤしている。 現状を変えたいのに、変わらない。 何故? 自分自身が、嫌になる前に、自分自身と向き合いたい。

私は、そんな娘の助けを求めてコーチングにすがった一人の親です。
毎日の声かけや、ただただ寄り添うだけでは、娘の心のモヤモヤに、光が見えてくる事はなかった。

それが。コーチングして半年。
自分自身が抱えいるモヤモヤはなくなり、自分自身の目標に向けての人生を再スタートさせる事が出来ました。

今は、好きなピアノを続けるには、どうしなければならないのかが明確になり以前よりも遙かに練習が楽しそうになりました。
学習も、自分なりの学習計画、方法など。 しっかりと考えられています。

コーチングして、一人で抱えきれなかった不安も、コーチングして伴走者がいる事。きちんと、待ってもらえる事。
未来を想像して、確実に現実にしていく。 安心していいと思います。心から動ける事の強みを感じ、 コーチングの在り方に、続ける意味を感じています。