生徒の声(子供クラス)

S・Mさんお母さまより

西島先生のレッスンを受けるようになってから、娘はピアノが楽しいと言うようになりました。
譜面通りに弾いて「まる」ではなく、表現や音の出し方など、その先を教えてくれるからだそうです。

娘と真剣に、対等に、向き合ってくださるレッスンは、ピーンと糸が張り詰めているようで、親である私もレッスンを受けているような、そんな錯覚にとらわれるほど、充実しています。

年に1回の面談では、先生と子どもと親は正三角形の関係でなければならないという考えのもと、ピアノを通して娘がどのように成長していってほしいのかをたずねられます。

普段は漠然としていた形のない思いが、先生とのやり取りの中でふくらみ、形作られていきます。その形は、自分でも思っていなかったような、娘に対する思いで、新鮮な驚きを覚えました。

初めて挑戦したコンクールでは、賞という結果を求めて道を見失ってしまいがちな私たちを、コンクールはピアノの上達のための道具・手段であるという本来の目的に導き直してくださることもありました。

娘ばかりでなく、親である私も育ててくださっていると、感謝しております