保護者の声

年中から教室に通わせて頂いています。

最初は”グー”の手で鍵盤を弾くところからスタートしました。

私はピアノの経験がないので、子供がどんな過程を辿って成長していくのか楽しみだったのと同時に 家での練習をきちんと見てあげられるかな?…と不安に思っていました。

レッスンでは子供への指導と同時に、家での練習の仕方やポイントを丁寧に教えて下さいます。 子供が自ら練習に取り組むことはまだ少ないです。

特に、難しい曲に挑戦している時は途中で何度も「もうやめる!」と 練習をやめてしまいます。

そんな時、先生は子供とゆっくり話す時間を設け、本人の気持ちを否定することなく、前に進んでいく方法を一緒に考えて下さいます。

声のかけ方を少し変えてみる、目標を小さく分けてみるなど子供が気負わず取り組める練習内容を提案して頂き コンクールも最後までやりきることができました。

もうやめる!やっぱりがんばる!を繰り返しながらですが、教室に通い始めてからピアノに触れない日はありません。
毎日継続して練習することは、親も子も大変です。

でも、ステージで演奏し終わった子供のキラキラした笑顔を見ると、また一緒に頑張ろうと思ってしまいます。

ピアノの楽しさを子供に教えて下さった先生と一緒に、これからも成長を見守っていきたいと思っています。